行政書士試験短期合格術 小野たかひと レビュー

このサイトは、小野たかひと氏の「行政書士試験短期合格術」のレビュー、効果、感想などの情報を公開しています。

行政書士試験短期合格術 小野たかひと レビュー



詳細はこちらをクリック


3ヶ月で要領よく行政書士試験に合格できる方法とは?


行政書士試験の合格ラインを最短で突破する方法を紹介します。この方法は出題傾向の緻密な分析から導き出されたものです。


行政書士試験に限らず、資格試験に要領よく合格するためには「傾向と対策」が重要ですね。どういった出題傾向があって、それに対処するためにはどのような勉強方法を取ればよいのか?つまり、戦略的な受験準備がものを言うのです。


行政書士試験合格の基準は次の2つです。


■ 全300点満点中、180点(6割)以上をとること。
■ 一般知識等科目の得点が4割以上(6問正解)であること。


これらの基準を最短で突破するにはどうしたら良いのかを考えなければならないのです。


そこで、科目ごとの得点配分を見てみると、行政法と民法の配点が際立って高く、これらが満点ならそれだけで1番目の(180点以上という)基準をクリアしてしまうことがわかります。


さらに、行政法と民法について選択式問題と記述式問題の配点を見てみると、


■ 行政法: 選択式 92点 / 記述式問題 20点
■ 民法:  選択式 36点 / 記述式問題 40点


となっています。つまり、行政法に関しては選択式の配点が高いため、過去問を使って勉強すれば合格ラインをクリアできますが、民法は記述式の配点が高いのでそうは行かないのです。実際、民法の記述式問題を苦手としている受験生は多いようですね。


以上の事からわかるように、行政書士試験に短期間で合格するためには民法の記述式問題の攻略がカギになるのです。


そして、行政書士試験にかつて出題された民法の記述式問題を分析すると、その攻略法が見えてきます。簡単に言えば、「意義」「要件」「効果」をしっかり押えておけば解けるのですが・・・。


行政書士試験合格の2番目の基準をクリアするためには、文章理解問題を3問全部正解できるように優先して勉強するのが得策です。


なぜなら、文章理解問題は押えるべきポイントがハッキリしているので、正解しやすいからです。もし、文章理解問題を全部正解できれば、一般知識等科目の残り11問のうち3問正解できれば2番目の基準をクリアできるので、断然有利になるのです。


と、ここまで述べてきたように、行政書士試験に要領よく短期合格するための基本方針は見えてきました。問題は、どうやってそれを具体的に実行するかです。


そこで、紹介したいのが「行政書士試験短期合格術」という教材です。この教材は上記の基本方針に基づいて作られており、次の3つから構成されます。


■ 勉強法動画セミナー+テキスト
■ 民法攻略虎の巻テキスト   
■ 文章理解問題テクニックテキスト


「行政書士試験短期合格術」に従って1日2時間ほど勉強すれば、たった3ヶ月で行政書士試験合格レベルに到達できます。これは、モニター20人で確認済みです。


あなたが行政書士試験に短期合格したいと真剣に思っているのであれば、あれこれ考えずに「行政書士試験短期合格術」の方法に従うのが得策です。なぜなら、行政書士試験の緻密な分析に基づく合理的な方法だからです。



詳細はこちらをクリック





このサイトは、小野たかひと氏の「行政書士試験短期合格術」のレビュー、効果、感想などの情報を公開しています。




勝ち組学生のスゴイ内定術 仲田志信 レビュー


「合格の方程式」 宇都出雅巳・篠田秀美 レビュー


姜先生のたった42日間で韓国語が上手くなる方法 レビュー


行政書士試験短期合格術 小野たかひと レビュー 効果 感想